うちこのヨガ日記

ヨガの練習や読書、旅、生活、心のなかのこと。

タイ旅行記

ウドーンターニーで泊まった宿「KING'S HOTEL」(Udon Thani)

この街はバスターミナル周辺に宿が多いと地球の歩き方にあったのですが、遠くても公園の近くに泊まりたくて、2キロほど歩いてこの宿にしました。この宿の手前にもう少しきれいでいい感じの宿があったのですが、まったく言葉が通じずこの宿にしました。 広場…

コーンケーンから国境越え国際バスでビエンチャンへ(タイ→ラオス)

タイの北の街・コーンケーンからラオスの首都ビエンチャンへ向います。陸路で国境を越えるのは初めてです。今回の移動はこのような運賃・タイムスケジュールでした。 06:25 宿の近くからトゥクトゥクで移動 140バーツ(530円) ↓ 06:40 バスターミナル3 07:0…

コーンケーンの街のこと。観光案内所・博物館・両替・鉄道駅周辺・市場(Khon Kaen)

コーンケーンは行けば楽しく魅力的な街なのですが、少し旅慣れていないとカンの働かせどころに迷いそう。わたしは5年前の「地球の歩き方」を頼りに歩いていたので、観光案内所が移転していたり旧鉄道駅が廃墟になっていたりして、少しドラクエっぽい動きをし…

コーンケーンで食べたもの(Khon Kaen Food)

コーンケーンはすべての食事がよい思い出。英語が通じないことばかりだったのに、おいしいものしか食べていませんでした。到着した夜は宿の近くの食堂でガパオライスと肉野菜炒めのようなものと白ご飯を注文して食べました。 これらで80バーツ。ふたりで300…

コーンケーンの街で、アート感覚あふれるカフェを見かけた(Khon Kaen)

コーンケーンは裕福な人がたくさん住んでいるのかな…。妙に尖ったカフェの多い、ふしぎな街です。なんか、おしゃれなんですよね…。 映画に出てきそう。 湖の近くにおもしろいお店が多くあります。 犬のいるホステル一階のカフェ 気になったのでこのお店に入…

Sri Nan Rd. と Lang Muang Rd. を歩く(コーンケーン / Khon Kaen)

コーンケーンで大好きになってしまった通りを紹介します。カタカナで書くとスリ・ナン通り、ラン・ムアン通りになるのかな。この道はおしゃれなカフェやお店がぽつっぽつっとある合間に絶妙なバランスで植木が咲き乱れ、無造作おしゃれが炸裂していました。 …

ブンケンナコーン公園と湖と近くの寺院ワット・タートゥ(コーンケーン / Khon Kaen)

コーンケーンは観光のために行くような目玉的スポットがないけれど、数泊して休む中継地としてすごくよくて、仕事さえあれば住みたくなる街でした。大きな湖とオープンで居心地のよいお寺、おしゃれでセンスの磨かれるカフェや植木が道にあふれ、スクーター…

英語表記のない「タン・ソーイ」という宿に泊まった(コーンケーン「Nong Wat 1 Alley」という道沿い)

コーンケーンで泊まった宿は名前に英語表記がないうえにまったく英語が通じず、すべてジェスチャーと勢いでやりとりしたのでタイトルに書くことができません。 【追記】このブログを読んでくれたタイ住まいの友人が読みと意味を教えてくれました 読む音は「…

バンコクのカオサンからコーンケーンへバスを乗り継いで行った

バンコクからタイの東北コーンケン県へバスを乗り継いで行ってきました。東北地方へ向かう長距離バスは北バスターミナル(モーチット・マイ)から出ているのでまずそこへ向かい、そこから長距離バスに乗り継ぎます。バンコク中心部は慢性的に交通渋滞があり…

バンコクで食べたもの(Bangkok Food)

食事は同行者が行きつけのよう気に入っているお店があり、だいたいそこで食べていました。メニューがわかりやすくて注文しやすく、コーヒーがブラックで出てくるので安心なのです。タイはなにも言わないとアイスコーヒーが激甘、ということがあります。 カオ…

チャオプラヤー川の上を船で移動する。渋滞を避けて観光する(バンコク)

タイ旅行二度目にして、やっと船を利用できるようになりました。バンコクはとにかく渋滞がすごいので、メーターのないタクシーでの価格交渉が苦手な人は船をバスのように使えるようになるだけでかなり旅の難易度が下がります。今回は現地の友人に「船に乗っ…

カオサンからテーウェート市場・タイ国立図書館エリアを歩く(Talat Thewet / バンコク)

タイのバンコクはカオサンという宿街があり、とりあえずそこへ行けば宿が見つかります。今回は二度目のタイ。このあたりにいれば現地に住む友人とも会いやすいこともあり、カオサン周辺を拠点にしていました。このエリアの中でもわたしはプラスメン砦がある…

バンコクのリトル・インディア「パフラット市場」と「Tony's Restaurant」(Phahurat Market)

東南アジアの街を歩いていると、ふいにインドへ迷い込むことがあります。以前マレーシアのイポーで、そんなことがありました。 バンコクもチャイナ・タウンと隣接した場所にインド人街(リトル・インディア)があるそう。現地に住む友人と食事へ出かけてきま…

バンコク・カオサンの宿2軒「PLACE INN」と「Roof Garden」

バンコクでは到着日に一泊、帰国前に二泊しました。到着日はできれば北バスターミナルの近くに泊まりたくて、行けばなんとかなるじゃろかと思ったらぜんぜん宿がなく、以前泊まったことのあるカオサンエリアで宿を探すことにしました。「オー・バンコク」と…

チャトゥチャックの植木市場とDUM DUM Vintage At The Camp(バンコク)

経緯を書くと長くなるのですが、北バスターミナル(モーチット・マイ)とBTSモーチット駅は近いものと思い込んで行き、なりゆきで公園と園芸市場に着きました。 BTSモーチット駅とMRTチャトゥチャック公園駅が隣接 わたしはBTSをバス・ターミナル・ステーシ…

Khaek Pai Krai Ma / Nawin Rawanchaikul(Warehouse30・バンコク)

タイの首都バンコクにある Warehouse30 というアートギャラリーで開催されている「Khaek Pai Krai Ma」を観てきました。チェンマイで活動するインド系タイ人アーティスト Nawin Rawanchaikul(ナウィン・ラワンチャイクン)さんの作品展です。日本でも活動さ…

タイ旅行の予算と持ち物、まとめINDEX

ことしのゴールデン・ウィークにバンコク、アユタヤ、カンチャナブリをうろうろする旅行(10日間)をしてきました。タイへ行くのは初めてでした。何年か前に行こうと思ったのですが洪水があってやめたのでした。行き先はいつも航空チケットのサイトを見なが…

The Cnonabod ザ・チョンナボット(Bangkok / バンコク・カオサン・サムセン通り)

バンコクにある雑貨屋さんへ行きました。バック・パッカーの宿が多いカオサンというエリアにある「ザ・チョンナボット」というお店です。現地に住む友人が連れて行ってくれました。 カオサンというエリアはまるで六本木のような場所と、大きな川の近くで少し…

オー バンコク O Bangkok(バンコクの宿)

タイでの最後の宿は、なんとなく次はこのへんにステイしたいと思っていたエリアで探しました。 4軒くらい見て、ここにしました。一つ前に見た宿もよかったのですがエアコンからのカビ臭がすごくて断念。そのあとに見たここは広くてゆったりできるのがよかっ…

カンチャナブリーからバンコク・カオサンへ。ミニバスと路線バスを乗り継いだ

カンチャナブリーからバンコクのカオサンへ戻ります。宿のかたに訊ねてみたら、ミニバスも路線バスも豊富だからなりゆきで乗り継げばいいよと。 宿→カンチャナブリーのバスターミナル → バンコクのどこかの道 → カオサンという順路で、約3時間半の移動でした…

カンチャナブリーの街を縦横無尽にサイクリング(Kanchanaburi / カンチャナブリー)

カンチャナブリーがあまりに居心地よいので何日もいました。 涼しいうちに勉強をして、市場へ行って、買ったものを宿で食べて、サイクリングして、昼寝して、サイクリングして、食事をしてマッサージへ行って寝る。そんな日々でした。 朝の涼しいうちに、い…

The Nine Guest House(Kanchanaburi / カンチャナブリー)

カンチャナブリーはとても居心地がよく、長居する展開になりました。昨日も今日もサイクリング。ほかに足を伸ばす先もツアーもたくさんあるのだけれど、どうにもママチャリ圏内だけで気分がなごみ、ユルく過ごせます。せめて宿だけでも変えてみるかなと思い…

カンチャナブリー駅へ、クウェー川駅からサイクリング(Kanchanaburi / カンチャナブリー)

カンチャナブリーでは暑いなかママチャリでサイクリングばかりしていました。ほかにすることがなかったので、町中を走っていました。 先日紹介した戦場にかける橋のあるクウェー川駅からカンチャナブリー駅へ、なんとなく線路に沿った感じで走ってみたら、と…

KUAW TONG Coffee(Kanchanaburi / カンチャナブリー)

カンチャナブリーはたいそう暑くて脳みそが溶けそうになることさえ慣れてしまえばとても楽しく、しかもおしゃれな街。 こんなとびきりステキなカフェもある! というスポットを紹介します。この「KUAW TONG Coffee」は、ハイセンスなカップルが経営されてい…

泰緬鉄道の駅。クウェー・ヤイ川と戦場にかける橋(Kanchanaburi / カンチャナブリー)

「たいめんてつどう」と読む、第二次世界対戦中に旧日本軍がタイからビルマへ物資を運ぶために通した鉄道の駅へ行ってきました。近くには戦争博物館などもあります。 映画「戦場にかける橋」の橋です。さる♪ゴリラチンパンジー♪ という替え歌でよく歌われる…

MY HOME GUESTHOUSE(Kanchanaburi / カンチャナブリー)

カンチャナブリーは到着後にものすごい雨が降ってきてバスターミナル近くの宿をふたつ見たのですが、これがなかなかにきびしく…。 雨のなか3キロの距離を、さらに迷いながらたぶん6キロくらい歩きました。疲れているときほど、宿はよいところを選ぶ方向へ気…

アユタヤからカンチャナブリーへ、スパンブリー経由でミニバスを乗り継いで行く

アユタヤ(アユッタヤー県)から、次はカンチャナブリーというところへ移動してみようということになりました。いったんバンコクへ戻って行くものと思っていたのですが、なんとなくミニバスのエリアへ行ってカンチャナブリーへ行きたいのだといったら勢いの…

ボート・トリップ(ツアー)で寺院めぐり。チャイワタナラーム寺はコスプレの聖地だった(AYUTTHAYA / アユッタヤー)

アユタヤではパーサック川(Pasak)をはさんで電車の駅への渡し舟があるあたりでボート・トリップに誘われ、参加してみました。Uthong通りをぶらぶら歩いているときに営業され、4時にいらっしゃいと言われたので4時に行きました。 2時間で3つの寺院を巡るツ…

パナンチューン寺とプッタイ・サワン寺(AYUTTHAYA / アユッタヤー)

アユタヤでは船に乗って寺院めぐりをしました。2時間で3つの寺院を廻る、ひとり200TB(約700円)のツアーに参加しました。 サイクリング中に見つけた乗車場で時間と値段を聞いておき、出発時間にそこへ行きました。 (そこから乗るまでの様子と最後に行った…

タ・サイ寺とタンミカラート寺(AYUTTHAYA / アユッタヤー)

アユタヤではレンタルサイクルであちこち走り回っていました。Uthong Road は主要エリアにはない脱力系スポットが多く、楽しかったので2箇所ご紹介します。 ひとつめは「Tha Sai Temple(タ・サイ寺)」。現地に看板もなく見つけにくいのですが、地図で「Tha…