うちこのヨガ日記

ヨガの練習や読書、旅、生活、心のなかのこと。

日常

不織布と長母音

先日久しぶりに友人と話していたら、マスク警察の話になりました。不織布でない布やウレタンのマスクをしている人が注意されるらしいのだけど、わたしは遭ったことがありません。そのほかにも、マスクのマナー講座として「職場で柄物のマスクは失礼」と説く…

みんなの共同幻想、ワシらの共同幻想

そもそも幻想であることも、それでも共同だから成立することも、そしてそれを成り立たせる共通言語が経済であることも、それぞれが個人単位で受け容れていた。 わたしは世界的スポーツイベントをそういうものだと思っていた。5年くらい社会人をやれば、こう…

誘導してこない時代の本を読んで自分の思考の性向を見る

さんざん誘導を試みたあとで「もちろんこれは、絶対にこうすべきということではありません」と追記する、そういう文章に疲れる瞬間が増えてきました。 タイトルは強気な言い切り、あるいは壮大な思わせぶり。中身にはリスクヘッジがいっぱい。そして感謝ラッ…

中間の豊かさを楽しむ

他人の本の感想文を読むのが好きです。新しい視点に出会えることかあるので、本の感想をよく読みます。いろいろ読んでいると、プロの書評のほかに、読書日記のように感想を書く人、自分の経験や知識を語るのに本を利用する人、嫌いな人が世間から注目されて…

書初めをしました

今年は1月2日に友人と書き初めをしました。写経以外で書道の筆、小筆以外の筆を持つのは何十年ぶり?! 思い出せない…。今年の目標を書いて部屋に貼るのよ! と言われたので書くことは決めて行ったのですが、綴りがいっぱいある。半紙で練習したらいいよ…との…

大晦日にゆっくり手帳を読み返しながら一年を振り返りました

昨日は大晦日で、今日は元旦。みなさま新年あけましておめでとうございます。明けない年はない、明けない朝はないとわかってはいても、やっぱり明けてよかったと、今日はそんな気分で元旦を過ごしました。元旦に日本にいるのは久しぶりです。 昨日わたしは朝…

昨年買って、使って捨てずにとっておいて良かったもの

片づけに魔法的効力を見出したり庶民が断捨離修行に励んだり、世間では捨てることが多く語られる昨今ですが、逆のこともあります。うちにひとつ、昨年買って使って捨てずにおいて今年大活躍をはじめたものがあります。 このガラス容器。一輪挿しならぬ一本挿…

本を読む人というだけではつながりたいと思わなかった理由

よくSNSで見かけるハッシュタグに #〇〇好きの人とつながりたい というのがありますね。ほんと?と思うけれど、あれはそういうことをいちいち考えないで使うもの。わかってる。牧歌的にいきたいのですよね。わかります。 なかでも「本が好き」「読書が好き」につ…

undo できるものならしたいのに! という思考の火だるま

たぶんもう一年近く前のことだと思うのですが、なんだか昔よりもクヨクヨしやすくなった気がすると同世代のヨガ練習仲間のかたがつぶやいた言葉をずっと覚えていました。気のせいだとしてもわかるなぁ、そしてその感じはなんだろう…と思って覚えていました。…

すごーい、という音が出るときのこと

「すごーい ヽ(´∀`)ノ」適切に褒める言葉を探す意欲がないとき、わたしはついこんな感じで言ってしまいます。小さな子が作業ひとつひとつを「見て見てー!」と言ってきたときに似た反応で、大人に対しても時間稼ぎのように「すごーい」と言って、そのあと言葉を探…

自分を証明する物的証拠を捨てること

人間たちの中で、人間たちの決めた価値観が変化していくのに途方もない時間がかかる。なかでも差別について考えるときは、沼にハマったようにもう考えるのを放棄したくなることがあります。ヨガをしているとインドの歴史に親しむことがあって、身分が聖性で…

これまで各地でヨガクラスに参加してくださったみなさんへ

こんにちは。ヨガのうちこです。今日はお手紙のような感じで、わたしの予定・考えていることを書きます。いつもだいたいこの時期は関西のヨガクラスのお知らせをしていたので、このタイミングでいまのわたしの考えをお伝えします。 結論から書きますが、今年…

歯茎にゾンビが出た

急に歯茎が腫れたので歯医者へ行ってきました。数か月前に定期検診へ行ったばかりだったので、この短期間に虫歯? とドキドキしながら。同時に顎の下も痛く熱を持っていたので、風邪の予兆のようにも感じました。もしかしてこれは(・・・妄想の調理タイムに…

2021年のスケジュール帳はデルフォニクスのB6マンスリー。薄くて大きいのにしました

来年の手帳を買いました。少し前に買ったのは分厚い日記帳で、今日は日々持ち歩くほうの手帳なのでスケジュール帳のことです。今年は外出の用事が格段に減り、スケジュール帳よりも卓上カレンダーに書き込むくらいがちょうどよい。そんなこんなで生活の回し…

友人の心の土台をいっしょに補修しながら振り返ったこと

少し前のことになるけれど、友人から「仕事でこんなことがあってさー」とダメージに唸っている様子で連絡があって、ちょうど練習から戻ってさてこれから一杯やるかというタイミングだったこともあり、つまみを用意してからビデオチャットをした。対話をする…

リアルな日記を書き始めたらブログのトピックの選び方がわからなくなってきた

今月から手書きの日記帳になにかを書くようになりました。旅行中以外は日記を書く習慣がないまま30年以上暮らしてきたので、頭が混乱しております。小学生の頃は夏休みになにか書いた記憶があります。そのほかには、こんなハイスペック文具がこの世にあるの…

ban.do(バン・ドー)の日記帳に一目惚れ。ルンルンのエッセンスを記録したい

先日久しぶりに衝動買いをしました。それを手に取って開いた瞬間から「うわぁ、どうしよう」という気持ちが止まらず買いました。わたしは頻繁にブログを16年も書いているけれど、それはトピック単位で考えをまとめる作業。日記感覚ではありません。日々のTOD…

夏を乗り越えた。スーリヤ神・おしおきサマーキャンペーン2020を終えて

お盆明けに少しましな数日間があって「んなわけないでしょー」とばかりにまた熱帯夜が連日やってきて、8月の夜は半分くらい眠れない日を過ごしました。昨年購入したタワー型の冷風扇で今年も乗り切る予定でいたのですが、どうにも湿度が尋常じゃない。今年は…

オーガニック・コットンのデカパンと布ナプキン

数年前から希望しつつもうまく移行できずにいた、布ナプキン主流の生活。 これまで3日に1回は公共交通機関を使う生活だったのでルーティーンに組み込むタイミングがつかめず、入る瞬間がわからない大縄跳びをずーっと見ているような感じでした。こういうとき…

植木がもしゃもしゃ増えた

今年はずっと家にいてまじめに水やりをしたり日の当たる角度に鉢を回してみたりして、そうこうしているうちにサンセベリアの鉢に八重歯みたいに新芽が出て、シダと思われるものはアフロヘアかというくらいに生い茂り、よくわからないなりに植え替えをして窓…

まとめたい、紐づけたいと欲する心のやっかいさ

先日、友人と話していたら「こういうときにどう考えてるか聞きたいのだけど」と言われて、よくよく聞いてみるとこういうことでした。雑な問いかけにイラッとして攻撃性に火がつきそうになる。もちろん抑制はするけれども、なかなかその火種が消えずにひきず…

圧迫面接構成の会話が起こるときのこと

先日、小説の感想を読んだ友人がメールをくれて、久しぶりに話そうということになって話しました。 この友人との会議(雑談を超え始めている)は、わたしのある経験と読書がきっかけでした。 わたしは今年、ひとつ不思議な体験をしていています。少し時間を…

好きなトーンでマッチングが起こると、いい気分の自分に再会できる

数ヶ月前にも書きましたが、音楽をよく聴くようになっています。画面を見るのに疲れちゃって。 今はラジオでかかっていた曲のタイトルを聞き逃しても、ウェブサイトで確認ができる便利な時代。ここしばらくはずっと Leah Kunkel(リア・クンケル)を聴いてい…

疑いの可能性をまとう生活という、あたらしいストレス

先日の4連休中に、海外の友人と長電話をしました。ひとりはタイ、ひとりはベトナム。それぞれといろんな話をしました。各国でパンデミックへの対応が違うなか、適応するのに苦労している習慣や行動について話しました。ベトナムにいる友人と話しているときに…

かわいそうな人になりたくない気持ちと、他人をかわいそうな人にしたい気持ち

ここしばらくで、立て続けに同じようなことを考える機会がありました。いろんな人とお話をする機会が少しずつ増えてきたのでね。 他人の話やふるまいを見て「ところであなたはいま、まだそのような暮らしかた・考えをしているんですね。かわいそうに」と言わ…

役割語に引っ張られずに読めるようになりたくて

少し前の話になりますが、先月ラジオを聴いていたら外国語翻訳の方々が面白い話をしていました。アフター6ジャンクション(TBS)という番組の「翻訳家たちにいろいろ聞いてみる特集 by柴田元幸、岸本佐知子、斎藤真理子」というコーナー。 そのなかに「これ…

複雑じゃない疲れ方なんてない

先日友人と「晩菊」という小説の中のすばらしい表現について話しながら、つくづく思うことがありました。この小説は年下の元カレと再会する女性の話で、その時の描写がとにかくリアル。わたしは「晩菊」の映画版が好きな友人の熱弁ぶりからフーミン・ワール…

一定のリズムの音楽で心の色調を整える。最近ヘビロテの3曲

音楽や映画のことは書き始めるとどんどんヨガブログでなくなっていくのであまり書かないようにしているのですが、いまは視覚よりも聴覚から心を整える効果が絶大。 多くの人が不安になるとき、文字情報は大げさな表現で人々のアテンションを集めるべく加速し…

どこまでも主張を消そうとするキャラクターがキャラクターであるというジレンマからの学び

たいへんです。またジレンマに陥りました。もう沼。すんごい沼。ぜんぜん出てこれない。先日友人が、ぼーどびるでゅおの話おもしろかった! というメッセージをくれて、あらそんなに? と嬉しくなってまたザ・ボードビルデュオのページを見に行ったら、「こ…

アナウンスと注意書きが多いなかで、事実だけを受け取るフィルタリング機能のこと

「日本はアナウンスが多い。電車でもアナウンスばかりしている。うるさい」数年前に知人Nさんの弟さんがクロアチア出張から戻った直後に、このように言っていたそう。うなずきながら、わたしは視覚的にも案内と但し書きばかりで非常に疲れるという話をしま…