うちこのヨガ日記

ヨガの練習や読書、旅、生活、心のなかのこと。

東インド旅行記

コルカタ・ハウラー駅とボルプル駅・シャンティニケタンを特急電車で往復

コルカタから郊外へ、二泊三日の小旅行をしました。 シャンティニケタンという、コルカタから北西へ160キロくらいのところにある町で、ハウラー駅から特急列車で3時間弱で行けます。 ニケタン=園、住処という意味で、平和の園といった意味の名称です。 詩…

タゴール詩集 山室静(訳)

初めてのインド・ベンガル旅行に、この本を持って行きました。 その作家が活動した場所で作品を読むと贅沢な気持ちになれます。 松山や本郷で夏目漱石の本を読んだり、浅草で江戸川乱歩の本を読んだり、映画の舞台の近くで原作本を読むと、時間と空間を超え…

ゴルパーク 湖と日本山妙法寺とダクシナパン民芸品マーケットとホテル(コルカタ)

先日、スワミ・ヴィヴェーカーナンダ像が東京スカイツリーのようにカラフルにライトアップされる ゴルパーク(Golpark)について書きました。 ここはコルカタ市街地の南部・メトロ駅カリガットの東側に位置し、大きな湖があります。周辺は高級住宅街で、北部…

RAMAKRISHNA MISSION INSTITUTE OF CULTURE の書店(コルカタ)

今回のコルカタ旅行はひとり旅でしたが、コルカタ市内で毎日夕方から合流してくれる人がいました。 日本で知り合ったインドのかたのお兄さんで、出発の1週間前にビデオ電話で紹介してもらい、現地でお会いしました。わたしより年長のビジネスマンの男性で、…

コルカタの人に教えてもらったストリート・フード

今回はたくさんストリート・フードを楽しみました。 現地のかたから美味しいものを教えてもらいました。 コルカタの露店の食事はどれもリーズナブルで、飲み物は20~50ルピー、食べ物は80~120ルピーでいろいろなものが食べられます。 Sip And Drink のラッ…

ベルル僧院 Belur Math (コルカタ)

スワミ・ヴィヴェーカーナンダによって創設され、最期の住まいや生活道具を展示した博物館のあるベルール・マトへ行ってきました。 先日紹介したカーリー寺院の対岸の下流の位置にある僧院です。 日没時間と午前中に、日にちを分けて二度行きました。 祈りの…

メトロの Dakshineswar駅とカーリー寺院とフーグリー川(コルカタ)

長い地名です。でも大丈夫。駅の名前をフルネームで覚えられなくても、切符を買う際に「ダクシ・・・」と言うだけで「はい Dakshineswarね」と通じてしまう駅です。 コルカタの都市の北と南を結ぶブルーラインの、北の主要駅。北のエースです。 わたしが読ん…

元フランス植民地のチャンダンナガールへ(西ベンガル州 CHANDANNAGAR)

コルカタのハウラー駅から鈍行電車で1時間ほどのところにある、元フランス植民地だった街へ行ってきました。 チャンダンナガル(ヒンディ語) チョンドンノゴル(ベンガル語) シャンデルナゴル(フランス語) チャンダンナガール(英語) です。 ややこし…

旅行動画の見かた Instagramのまとめ機能にアップしています

ここしばらく、GWのインド旅行記を綴っています。動画を Instagram のまとめで見ることができますので、今日はそのご案内です。 Instagramのアカウントをお持ちでないかたはInstagramを使っている人にアクセスしてもらって再生すると、数分の動画を見ること…

マーブルパレスとラーマクリシュナ寺院への路地散策(コルカタ)

市街地北部にあるタゴール・ハウスを見たあとに、この日の仕事を早く終えたアブさん(コルカタ住まいのインドのかた)が合流してくれたので、そこからおすすめされたルートで散策しました。 タゴール・ハウスの隣のブロックにあるマーブルパレスという場所が…

タゴール・ハウス Jorasanko Thakurbari(コルカタ)

コルカタ中心部の北部にある、タゴールの生家が博物館になっているタゴール・ハウスへ行ってきました。 バイクタクシーを降りて向かいながら、襟足をカット中のおじさまたちの後ろを通りました。 到着しました。どきどき。 ものすごく裕福な家というか、日本…

マザーテレサハウスのある国道1号線近くの宿を拠点にしていました(コルカタ)

2024年のGWをインドのコルカタ(旧称カルカッタ)で過ごしてきました。 前半はマザーテレサハウスのある国道1号線近くの宿を拠点にしていました。 コルカタの宿事情は変化が早く、実際に行って決めるのがベター。なので今回の旅はあえて宿名を明記せず、で…

インディアン・コーヒー・ハウス College Street Albert Hall(コルカタ)

書店の並ぶカレッジ・ストリートのすぐ近くにあるカフェです。 コルカタ出身の人から、ここはぜひ行ってみて! と言われて行きました。 階段がなんとなくAKIRAの世界 ここがお店の入り口です。 2階にあります。 階段の登り口の時点で、固まる サッと広告を…

兎小屋のような本屋が並ぶと小説に書かれたカレッジ・ストリート(コルカタ)

印象というのは不思議なもので、意識していなくてもふわっと積もって固まって、手に取れる状態になって、それをじっと見ることになる。そういうことがあるみたい。 今年の年始にベトナムのホーチミンでたまたま歩いたブック・ストリートが楽しくて、その印象…

猛暑のインド旅行 荷物と日焼け・熱中症対策

5年前にリシケシから帰ってきた後に、こんなことを書き残していました。 先輩たちの対策を参考に、今回は絶対に日傘を持っていくと決めていました。 行ってみたら、そんなのはコルカタでは当たり前でした。 多くの人が日傘をさしていました。 持ち物あれこ…

ヴィクトリア・メモリアルの昼と夜(コルカタ)

コルカタで一番有名な観光地なのでしょう。インド国内から人がたくさん来ていました。 ヴィクトリア記念堂という大理石の記念堂で、中に展示があります。 かつてはここが都だったカルカッタ(=コルカタ)。 このヴィクトリア記念堂が完成した時には首都がデ…

美術アカデミーと NANDAN West Bengal Film Centre(コルカタ)

コルカタはアート都市と言っていいくらい、ギャラリーがたくさんあります。 今日紹介する場所はカテドラル通り沿いにある、有名なプラネタリウムや教会と同ブロック内にあります。 美術アカデミー こんなんあったら毎日涼みに来ちゃうよ・・・、というギャラ…

ネルー子供博物館とインド博物館(コルカタ)

一年で最も暑い時期のコルカタ観光は日に当たらない工夫が必要です。昼間は多くの時間を博物館で過ごしていました。 ネルー子供博物館(Nehru Children’s Museum) ネルー子供博物館の入り口(チョーロンギー通り)は建物の前までバイクタクシーでは入れない…

インド・コルカタのUberタクシーは正しく乗るまで気が抜けない

今回は事前にUber(ウーバー)をインストールし、クレジットカードも日本国内にいる時点で登録し、前回のベトナム&カンボジアでGrabを使ったのと同じように準備をして行きました。 インドでは楽天モバイルの海外データローミング(無料枠・ほんとありがたい…

ハウラー橋とハウラー駅(コルカタ)

出発前に現地の人に行きたい場所リストを伝えた中で、「なんでここをそんなに重要視する?」と言われたハウラー橋とハウラー駅です。 2つの鉄道駅とハウラー橋 好きな小説『カルカッタの殺人』の中で、警部が捜査で移動をする際に、ハウラー橋、ハウラー駅…

最初の朝の散歩 JATIN DAS PARK と NETAJI BHAVAN メトロ駅周辺(コルカタ)

初めて行った土地で最初の朝に見る景色は、覚えていなくても深い印象として刻まれます。 その土地の特徴を掴んでしまったら行かないような場所を、ものすごくワクワクした気持ちで歩きました。 赤ちゃんが世界を見る視点に立ち返るかのようなこの瞬間は、旅…

到着した夜 空港からの移動と最初の宿のこと(コルカタ)

今回の旅は日本にいる時点で詐欺に遭いかけていて(参考)、そのあと出発数日前に飛行機の出発時間が2時間後ろ倒しになると連絡が来て、すんなり行かない気がしていました。 いちおう予習はしていました。 空港からは多額の請求をされないようプリペイドタ…

コルカタ大学と大学内のアシュトシュ・ミュージアム

今回のコルカタ旅行は酷暑期だったこともあり、室内での観光を多くしました。 なかでもこのコルカタ大学(カルカッタ大学)内の民族博物館は、わたしにとってインド博物館よりも楽しかった場所で、おすすめです。 タイトルは無理やりカタカナにしましたが「A…

非合理的な感情の存在を認めると、そこに詩が生まれる

GWに、初めてインドのコルカタ(旧カルカッタ)を旅してきました。 インドへ行ったことはあったけれど、コルカタはベンガルという別の国のような文化があって、人の心にもその特徴が見えました。 コルカタへ行ってみたいという思いは、10年以上前からありま…

The Air Conditioned Market と目の前のジューススタンド、現地サポートの話(コルカタ)

これから少しずつ、GWに旅したインドのコルカタ(旧名カルカッタ)の思い出を書いていきます。 コルカタはインドの都市の中でも日本から飛行機でアクセスしずらい場所でしたが、昨年9月から往復しやすくなりました。(参考) 行ってみたらコルカタは格別な特…

成田からベンガル地方へ。ビーマン・バングラデシュ航空でダッカを経由しコルカタへ

わたしが行ったコルカタはインドの東にあり、ベンガル地方の西にあります。 ややこしいですよね。ややこしいんです。もう歴史がややこしいの。 バングラデシュとインドは別の国ですが、地域としてはベンガル語を話す東インドと近く、飛行機の便がダッカ・コ…

古都コルカタの人々のプライドを理解するのに役立った意外なテキスト

GWにインドのコルカタ(旧称カルカッタ)へ行ってきました。 シーズン的に最悪の酷暑期で、気温は毎日40度を超え、インド総選挙期間中で国民のマインドもさらに熱くなっています。 「よりによってこんなときに、快適な日本からなぜわざわざ? インド人でも耐…

インドe-visa申請詐欺サイトとクレジットカード再発行までの顛末

先日「e-visa」を取得しました。 最後にインドへ行った5年前までは、九段下の大使館まで行っていました。 オンライン申請は今回が初めてで、最初に詐欺サイトを掴んでしまいました。 途中で気がつきましたが、そのサイトの作りの精妙さとSEOの真面目さに驚き…