うちこのヨガ日記

ヨガの練習や読書、旅、生活、心のなかのこと。

コルカタの人に教えてもらったストリート・フード

今回はたくさんストリート・フードを楽しみました。

現地のかたから美味しいものを教えてもらいました。

コルカタの露店の食事はどれもリーズナブルで、飲み物は2050ルピー、食べ物は80120ルピーでいろいろなものが食べられます。

 

Sip And Drink   のラッシー

わたしにとってのベスト・スイーツを先に紹介してしまいます。

 

コルカタ新宿駅」と呼んでいたエスプラネードという駅の、India Post Office Esplanade(インド郵便局エスプラネード支店)の並びにあるフルーツ・ジュース屋さんのメニューで、8:2くらいでマンゴー・ラッシーを注文している人のほうが多かったのですが、わたしはプレーン・ラッシーが美味しく感じました。

 

 

 

50ルピーなので100円くらいです。

この駅の近く(サダルストリート)に泊まったら毎日朝晩来ただろうな、というくらいの美味しさでした。

 

 

 

便乗して似たようなお店が複数並んでいます。

とびきり売れているのが、このお店です。

 

 

 

BEDWIN & BEDOUIN   のロール

ロールというのは、粉もんで具を巻いたものです。

ガリアハット(Gariahat) というエリアにあるお店で食べました。

地元の人の感覚だと「BedwinRollを買う」という感じのファストフードのようです。

(この近くまで来て道ゆく人に写真を見せて場所を聞くのが早いです)

 

ものすごい人で、飛ぶように売れるとはこのこと、というくらい売れていました。

チキンが55ルピーなので、だいたい100円くらいです。

 

 

 

これ一つでけっこうお腹いっぱいになります。

わたしにはコルカタの味付けは塩味が強く感じます。たぶん、インドのコーラに合うんだろうなと推測しています。

 

 

ジャダフプール大学近くの通りの露店のサトウキビジュース

露店なので名もなき店です。

 

一日1,000杯売り上げるそうです。

 

 

 

余計な混ぜ物がなくミントとレモンとサトウキビだけで、めちゃくちゃ美味。

ラッシーをスイーツにカウントしたので、ドリンクの思い出ではこれがナンバルワンです。

デリーでもそうでしたが、いっけん自然なジュースを注文しても、塩と砂糖となんか香辛料のようなものが入った(ポカリスエットのような味+スパイス)の状態で出てくることがあります。

それはそれで、健康にいいというメリットがあるらしいのですが、わたしは調味料なしバージョンが好きです。

 

 

その並びの露店のモモ

ジュース屋さんの横はモモのお店でした。

旅の後半に胃が疲れてきたときには、モモを食べていました。

 

コルカタはモモのお店が多いです。

 

 

 

付けダレもすごく美味しくて。

スープも付いたセットでした。たぶん6080ルピーくらいでしょう。(110150円くらい)

 

 

歩道の露店の、卵&ジャガイモのカレー

マザーテレサ・ハウス近くの国道沿いで食べました。

 

卵を2個にしてもらって、80ルピー(150円くらい)でした。

歩道にあるスタンドの名もなきお店です。

 

 

定食屋の、魚カレーのミールス

よくある一般的なスタイルの定食屋で、一度だけミールスを食べました。

マハトマ・ガンディー・ロード沿いのどこかのお店です。

 

このボリュームですが、ご飯がとても軽いので完食できました。

200ルピー(370円くらい)でした。

 

 

持ち帰り総菜屋の魚のフライ

メトロのKalighat駅の近くだったかと思います。

 

ストリート・フードにしては上品な味の、おしゃれなお店でした。

大きいフライがひとつ80100ルピーくらいです。

日本人の感覚だと塩気が多く感じるのですが、毎日とにかく汗を掻くので、この気候にあっているのだとだんだんわかってきました。

 

 

露店で売っているチキンティッカ

これはどこかの道端で食べたティッカです。

たしか、ダクシナパン・ショッピング・センターや日本山妙法寺があるあたりです。

 

炭火焼のめちゃくちゃ柔らかいティッカが、日本の焼き鳥感覚で気軽に食べられます。

おつまみという感覚ではなく、水やコーラを飲んでいるのが見慣れない光景です。

 

 

露店で売ってたパパイヤ

マハトマ・ガンディー・ロードの地下鉄出入り口近くで食べました。

 

これも飛ぶように売れていたので混ざって買いました。

 

 

 

ひとつ20ルピーなので40円弱です。

何も言わないと塩をかけられるので、ノー・ソルト! と主張します。

アブさん(地元の人)から、路上のお店のは注射器で甘みを入れて売っている場合があるからと注意を受けたのですが、ひとりで移動している間に食べちゃいました。

美味しかったです。

 

 

Dhokla という豆のスイーツ

どのお菓子も甘くて「しんどい」という顔をするわたしに、「これなら食べられるんじゃないか」と、町のスイーツ屋さんでアブさん(現地のかた)から教えてもらったお菓子です。

 

激甘ではない蒸しパンみたいな味でした。なぜかしょっぱいケチャップのようなものがかかっています。

聞いてみたら「チェットニーです」とのことでした。

 

 

  *   *   *

 

 

コルカタはドーサ、ビリヤニ、ロール、フィッシュフライ、モモのお店、スイーツ・ショップがそこら中にあります。ここの人たち塩味のおかずと甘いものが好きだな、という印象を受けました。

胃が疲れたときにモモというチョイスがあるのが、日本人にうれしいところです。

 

 

動画もございます

このページで紹介した食事・調理場面の動画をInstagram内でご覧いただけます。

見かたはこちらをご参照ください。