うちこのヨガ日記

ヨガの練習や読書、旅、生活、心のなかのこと。

多国籍版・宗教ディスカッション

哲学の授業で、いろいろな国の人と宗教について話す機会がありました。
在住国ベースでアルゼンチン、スペイン、イタリア、フランス、チェコ共和国、イギリス、アメリカ、ドバイ、インド、日本。国籍では中国とタイが加わる。司会も入れて、総勢15名。司会はインド人。言語は英語。
すべてを書くと長くなるので割愛しますが、出だしの投球



「宗教って、何ですか? 主要と思う要素をあげてください」



からの回答の分かれ方の時点で面白かった。
かしこまった学術的な会議ではなく、集まった人も宗教の専門家ではありません。カジュアルなディスカッションだったので、いろいろな人がなんとなくつぶやきベースで返球したのですが、司会のインド人が次の進行議題としてピックアップしたのがこの4つ。



「Set of Beliefs」(アメリカのロンさん)
「Prophet」(スペインのタトさん)
「Rituals」(イスラエルのウディさん)
「Fear」(日本のうちこさん)



なんというか、国とつぶやきの組み合わせが面白くて。タトさんは「ラテン系にもほどがある!」と突っ込みたくなるようなふざけた男性(笑)。ジャスト高田純次。ロンさんはインテリで、トークのなかにワンネスとかそういう単語が出てくる。ウディさんはおとなしい人なのだけど、ふいにつぶやく。それまで賑やかだったイギリス人たちは、この話題ではおとなしかった。
こういう話題が苦手なのは日本人だけかと思っていたら、意外とそうでもない。みんな、なにを話していいかわからない雰囲気ムンムンでした。マテリアル信仰が進みすぎてしまったのは、日本だけではないみたい。



そのあとイタリア人女性に雑談で「わたしも瞑想を日常生活に取り入れたいのだけど、イタリアでの生活とのギャップがすごくてむずかしそう。日本はもっとやりやすいでしょう?」といわれた。
うーむと思ったのだけど、「ランチやディナーが1時間じゃ済まない雰囲気のお国柄」の日常を聞いたら笑えてきた。教会で瞑想しようものなら「あの人どうしたの?」という目で見られるそうなので、「瞑想するなら、モスクへ行ってみては?」と、マレーシアでのオープンな状況を話したら、「ちょっとバイクで行ってみる!」と。
キリスト教の権威の国というイメージのあるイタリアだけど、彼女の話を聞いていたら、日本は日常所作や習慣のレベルでは宗教的なものが根付いているといえる側面があるな、と思いました。
お寺で15分くらい座っていても、スルーしてくれる。あとで「いつもやっていらっしゃるんですか?」なんて、質問をされることもある。


この日は思いのほか「日本のいいところ」を感じることが多かったのでした。




わたしの英語レベルでは理解度30%なんじゃなかろうかと思うのだけど、電子辞書のタイピングの速さだけでなんとか乗りこなす。
ビバ文明。