うちこのヨガ日記

ヨガの練習や読書、旅、生活、心のなかのこと。

最初の朝の散歩 JATIN DAS PARK と NETAJI BHAVAN メトロ駅周辺(コルカタ)

初めて行った土地で最初の朝に見る景色は、覚えていなくても深い印象として刻まれます。

その土地の特徴を掴んでしまったら行かないような場所を、ものすごくワクワクした気持ちで歩きました。

赤ちゃんが世界を見る視点に立ち返るかのようなこの瞬間は、旅の初日でしか味わえないものです。

 

早朝散歩

5時です。

 

宿の前の横尾忠則的三叉路にビリヤニ屋さんがありました。

あとでよく話すことになったアブさん(現地のインドのかた)がわたしの発音を捉えて

 

  日本人の発音「びりやに」

  コルカタの人の発音「びっるやに」

  イスラームの人の発音「びらに」

 

と話していました。

 

 

 

なんかやっぱり、ヨーロッパに来たような感じが少しする。

 

 

交通量の少ないうちに心を慣らす

人が動き出す前の早朝は安全です。この時間帯に特徴をつかんで学びます。

 

道で猫、犬、牛、ヤギ、馬、いろんな鳥は見たけど、象は見ませんでした。

 

 

 

6時になる頃にはかなり品が並びます。

 

小さくてわかりにくいメトロの入り口

どのメトロ駅もそうですが、入り口が地味です。

早朝なのでシャッターが閉まっています。

現在の運用では平日は6時台、土曜は8時台、日曜は9時台から開きます。

 

外で人が寝ているのはこの駅だからというわけではなく、どこもそうでした。

コルカタはそうでした。

 

 

 

大きな国道に出ると配車アプリの告知のついた白いタクシーを見たので、イエローキャブの多いエリアは比較的ローカルな場所なのかもしれません。

 

 

街全体がアンティー

コルカタは初日から、街全体がアンティークショップのように感じました。

 

ただの何かの建物の入り口ってだけなのに、目が止まります。

 

 

 

初めて写真に撮った、スワミ・ヴィヴェーカーナンダ様。そこら中にお姿があります。

高野山がお大師様だらけなのと似ています)

 

薬局に縦書きのベンガル文字があり、まるで真言宗のお寺で見る梵字のように感じました。これがコルカタの興味深いところで、縦書き表記が時々あります。

そんな話も、のちのち綴ってまいります。